アーティスト、作曲家、ミュージシャンのための音楽情報

mu49.net
mu49.net

アーティスト検索

ジャンルやアーティスト名で検索出来ます。iTunesで楽曲の試聴も出来ます。
[ カテゴリ別 - 邦楽 - ]
ポップ
ロック
ハードロック
メタル
パンク
フォーク
ヒップホップ
R&B
ジャズ

[ カテゴリ別 - 洋楽 - ]
ポップ
ロック

[ 頭文字検索 ]

   
   

狩人

アーティスト情報
狩人(かりゅうど)は日本の歌手グループ。兄・加藤久仁彦(一時期、本名の邦彦名義で活動。1956年9月19日 - )と弟・加藤高道(1960年1月21日 - )の二人による兄弟デュオ。

名前の由来は、二人の恩師である作曲家・都倉俊一から、「いつまでも大ヒットという獲物を狙い続けるハンター(狩人)であって欲しい」といわれて名付けられたもの。なお、グループ名の有力候補として“みつばち君”なるものがあったといわれる。

1977年3月25日発売の『あずさ2号』でデビュー。同曲は大ヒットを飛ばし、また同年暮れの第19回日本レコード大賞など数々の新人賞を受賞、人気を得る。以降も『コスモス街道』『若き旅人』『アメリカ橋』等のヒットで、スター歌手の地位を築いた。年末恒例のNHK紅白歌合戦には1977年・第28回、1978年・第29回に2年連続で通算2回の出場を果たす。当時の所属事務所の意向もあって、若手の歌手としては珍しく、物静かなトーンで売り出していた。

以降は大きなヒットには恵まれなかったが、1994年に歌謡バラエティー番組THE夜もヒッパレ出演で再ブレイク。翌年、『あずさ2号(ニュー・ヴァージョン)』をリリース。その後二人は歌手以外に自らの才能のテリトリーを広げようという意図から、それぞれ歌手・俳優としてのソロ活動も行うようになる。

煙草のポイ捨て撲滅運動に参加し、キャンペーンソング『どんポイ!(Don't Poi!)をリリースし、ヒットした。また初のレギュラーラジオ番組として『狩人 ときめきの扉』などにも出演。

2006年3月19日には、デビュー30周年コンサートと、プロ野球OBチームマスターズリーグとの野球試合を東京ドームで開催し、主催者側発表で2万人の観客を集めた。

しかし2007年4月26日、同年12月31日をもって解散することを発表した。兄の久仁彦は(アマチュア)ボクシングとソロ歌手として活動を行う。弟の高道はソロ歌手活動を行っている。

2010年11月、久仁彦が森田公一の抜けたトップギャランにリードボーカルとして加入し、「加藤久仁彦&トップギャラン」としての活動を開始。同年12月25日には、狩人として愛知県のホテルトヨタキャッスルにて「クリスマスディナーショー」を開催。

2011年1月、久仁彦が所属事務所「夢グループ」を移籍。同年5月25日には加藤久仁彦&トップギャランがシングル青春紙風船(カップリング曲として『青春時代』を収録)を発売した。


関連つぶやき
狩人に関するつぶやき一覧

【スポンサードリンク】
  

※当サイトに掲載されている全ての情報に関する転載、二次配布、無断使用を禁じます。
※当サイトを利用した事により生じた如何なる被害やトラブルに関して当サイトは一切の責任を負いません。
copyright mu49.net All right reserved.