アーティスト、作曲家、ミュージシャンのための音楽情報

mu49.net
mu49.net

アーティスト検索

ジャンルやアーティスト名で検索出来ます。iTunesで楽曲の試聴も出来ます。
[ カテゴリ別 - 邦楽 - ]
ポップ
ロック
ハードロック
メタル
パンク
フォーク
ヒップホップ
R&B
ジャズ

[ カテゴリ別 - 洋楽 - ]
ポップ
ロック

[ 頭文字検索 ]

   
   

セリーヌ・ディオン

アーティスト情報
セリーヌ・ディオン セリーヌ・ディオン(Céline Мarie Claudette Dion, 1968年3月30日 - )は、カナダのシンガーソングライターである。1990年代に英語圏でキャリアを始める以前、1980年代前半にフランス語圏のシンガーとして活動を開始した。身長171cm。

カナダのケベック州モントリオール郊外のシャルルマーニュの大家族に14人兄弟の末っ子として生まれる。幼少より類まれな才能を発揮し、12歳で現在の夫であり、音楽マネージャーのレネ・アンジェリルと出会う。アンジェリルは彼女の才能と歌声に惚れ込み、自宅を担保としてデビューアルバムの発売資金を調達する。音楽はポップス、ロック、ソウルの他に、ゴスペル、クラシックなど幅広いジャンルに影響されていて、ファンや評論家には彼女自身の声、歌詞の持つ本来の意味を歌い上げる能力などが高く評価されている。

1990年代には、『Because You Loved Me』、『It's All Coming Back To Me Now』や、1997年公開の映画『タイタニック』の主題歌になった『My Heart Will Go On』の世界的大ヒットなどで、セリーヌ・ディオンは英語圏、フランス語圏におけるポピュラーミュージック界の大御所となった。 1999年から個人的な理由(出産、夫の看病など)により一時キャリアを休止するが、2002年にはアルバム『A New Day Has Come』で復帰。2003年から2007年12月15日には、ラスベガスのシーザーズ・パレス・ホテルにて『A New Day... Live in Las Vegas』という定期公演を行った。2008年2月14日から10年ぶりとなるワールドツアー『Taking Chances』を行った。

生い立ちから見てもわかるように、世界的に有名なフランス語を母語とするケベック州出身のカナダ人ではあるが、ケベック州の独立に関しては反対の立場をとっている。

2011年現在、シングル&アルバム総売り上げは2億枚を超えており、ローリング・ストーンズやピンク・フロイドといった大物アーティストと肩を並べるほどの実績を持っている。


関連つぶやき
セリーヌ・ディオンに関するつぶやき一覧

【スポンサードリンク】
  

※当サイトに掲載されている全ての情報に関する転載、二次配布、無断使用を禁じます。
※当サイトを利用した事により生じた如何なる被害やトラブルに関して当サイトは一切の責任を負いません。
copyright mu49.net All right reserved.