アーティスト、作曲家、ミュージシャンのための音楽情報

mu49.net
mu49.net

アーティスト検索

ジャンルやアーティスト名で検索出来ます。iTunesで楽曲の試聴も出来ます。
[ カテゴリ別 - 邦楽 - ]
ポップ
ロック
ハードロック
メタル
パンク
フォーク
ヒップホップ
R&B
ジャズ

[ カテゴリ別 - 洋楽 - ]
ポップ
ロック

[ 頭文字検索 ]

   
   

自宅で作る、よりよいデモ音源作り

録音時の注意点

「GAINて何や?」という質問も割と多く聞きます。録音時、ミキサーについているボリュームフェーダーやGAIN、楽器のボリュームはどうすれば良いか?設定が悪いと細い音になってしまいます。


録音時のボリューム設定の簡単なポイントとして
「音が出る方を大きくしておく」
という点があります。


たとえば歌を録る場合。マイクには恐らくボリュームは無いので関係なし。次にマイクがプリアンプにささっているとすると、そのプリアンプのGAINを、大声を出した時でも-3db~-6db程度にしておきます。


そのプリアンプからミキサーにいきます。ミキサーのGAINも、大声を出した時に-3db~-6db程度になるように設定します。


次はキーボードに打ち込んだ音をDTMなどで録音したい場合。この場合は打ち込んだ内容から関係してきます。


打ち込みは「ベロシティ」という値で音量を調節しますが、このベロシティによって音が変わる音源が今では一般的です。


例えばドラムだと「大きい音では強く叩いた音、小さい音では弱く叩いた音」に自動的に変化します。


リアルな表現が出来る反面、ベロシティが低い状態で打ち込んでそのまま録音すると「弱く叩いた音」で録音する事になってしまいます。


その場合、なるべくベロシティを上げておき、その上でキーボード全体のボリュームをMAXくらいまで上げておき、続くミキサーのGAINを一番大きい音のところで-3db~-6db程度になるようにします。


いろんな場面でいろんな調節が必要となりますが、 「音が出る方を大きくしておく」 という基本があればより良い音で録れるようになると思います。

01234

無料 ミュージックドットネットに参加しよう!今すぐ登録 お問い合わせはこちらから インフォメーション

データベース登録

当サイトのアーティストデータベースに無料登録することが出来ます
情報

アーティスト情報

国内外のアーティスト情報を多数掲載

オーディション情報

オーディション情報を一覧で掲載

音楽用語集

覚えておきたい音楽用語集
コラム

オーディションについて

お金がかかる、騙されそう、、、そんな不安を解決!

より良いデモ音源作り

自宅で出来る、ワンランク上のデモ作り

※当サイトに掲載されている全ての情報に関する転載、二次配布、無断使用を禁じます。
※当サイトを利用した事により生じた如何なる被害やトラブルに関して当サイトは一切の責任を負いません。
copyright mu49.net All right reserved.